ディカフェ・サンタ・エレナ

ディカフェ・サンタ・エレナ


この農園はCOEの入賞農園がひしめき合うサンタ・アナ火山の斜面に広がっていています。
サンタ・エレナ農園は周囲を国立公園に囲まれ、サンタ・アナ火山(2,286m)の斜面の
自然の豊かな場所にあります。

サンタ・アナ火山は、2006年に突然噴火をし、その後ミネラル分を多く含んだ火山灰が
農園に積もり大変肥沃な土壌を持つ農園として広く知られるようになりました。

コーヒーの果肉やミミズを使用した自然の肥料を与えるだけで、サンタ・エレナ農園のもつ
大変肥沃な土壌と気候、標高の高さが高品質コーヒーの栽培の助けをしてくれます。

オーナーのフェルナンドさんは、それぞれのエリアの区画毎に農園の名前をつけて管理されています。
2003年のCOEでサンタ・エレナIIが5位に入賞して以来のお付き合いです。
このサンタ・エレナをはじめ、フェルナンドさんの農園はその後も複数回入賞しています。

また、フェルナンドさんはアスリートとしての一面もあり、アップダウンのきつい農園を
縦横無尽に駆け巡る身軽さを持つ方です。

フェルナンドさんの大変誠実な人柄とコーヒー栽培への真摯な取り組み、そして火山のもたらす
肥沃な土地が、素晴らしいコーヒーを安定的に生み出しています。

このコーヒーは、カナダのバンクーバーにあるスイスウォーター社でディカフェ加工したものです。
横井珈琲が自信を持ってお勧めするディカフェをぜひお楽しみください。




+−+−+−+−+−+−+−+−+−+−+−+−+−+−+−+−+−+−+−+−+−+−+−+−

生産国:エルサルバドル共和国
農園名:サンタ・エレナI、サンタ・エレナⅡ
生産者:エル・サポタル(フェルナンドさんファミリーが経営する会社)
地域:サンタ・アナ県 アペネカ・イラマテペク地域 カントン・パロ・デ・カンパナ
標高:1,650〜1,750m
生産処理方法:ウォッシュト・パティオでの乾燥
品種:ブルボン
収穫時期:1月〜4月

+−+−+−+−+−+−+−+−+−+−+−+−+−+−+−+−+−+−+−+−+−+−+−+−
2019年3月1日〜





送料改訂のお知らせ (2019.5.15改訂)

ゴールデンウィークは休まず営業しております。

【発寒本店の休業案内】
4月の休業日 16日(火)、23日(火)
5月の休業日  7日(火)、 8日(水)、14日(火)、21日(火)、28日(火)

・グアテマラ共和国
ウエウエテナンゴ
チキムーラ
アマティトラン
etc
ハラパ県
エル・プログレソ県
サカテペカス県 アンティグア

・コスタリカ共和国
タラス
ウエストバリー
セントラルバリー

・パナマ共和国
チリキ県 ボケテ地区

・コロンビア共和国
ウィラ県
etc
ナリーニョ県
カウカ県

・ホンジュラス共和国
オコテペケ
インディブカ県 サンファン地区 カングアル村
ラ・パス県
etc
インティブカ県 サンファン

・エルサルバドル共和国
サンタ・アナ県

・エクアドル共和国
エクアドル・ミネルヴァ

・ブラジル連邦共和国
カルモ・デ・ミナス
サント・アントニオ・デ・アンパーロ
etc
クリスチーナ

・ボリビア多民族国
ラパス 北ユンガス カラナビ
ラパス 南ユンガス
etc

・ケニア共和国
中央州 ティカ地区
中央州 ニエリ地区
中央州
東部州 エンブ地区
東部州
中央州 キリニャガ地区

・エチオピア連邦民主共和国
シダモ
イルガチェフェ
NINETY PLUS
etc

・ニカラグア共和国

記事はありません。


・ドミニカ共和国
ラベガ州 ハラバコア・アロヨボニート

・ルワンダ共和国

記事はありません。


・ブルンディ共和国
カヤンザ

・インドネシア共和国
アチェ
北スマトラ

・インド共和国
インド・コンダドカン
インド・カラディカン (中煎、中深煎)

・ペルー共和国
ペルー・エル・セドロ
ペルー・ラ・パルマ

・Cup Of Excellence
ペルー
ブラジル レイトハーベスト(ナチュラル)
ブラジル アーリーハーベスト(パルプトナチュラル)
ブルンディ
コロンビア サウス
コスタリカ
エルサルバドル
グアテマラ
ホンジュラス
メキシコ
ニカラグア
ルワンダ

・ゲイシャ
パナマ
コスタリカ
ホンジュラス
ボリビア
グアテマラ