ママ・カタ・ゲイシャ/ハイドロハニー

ママ・カタ・ゲイシャ/ハイドロハニー


パナマの優良産地ボケーテにある、テオドロ・ガリードさんと息子のホセ・ダビド・ガリードさんが
運営するママ・カタ農園よりゲイシャ種のコーヒーをご紹介いたします。

今回ご紹介するのは、カンテラ区画で栽培されたゲイシャ種です。

ママ・カタ農園は1959年よりガリード一家によって営まれており、現在は、息子のホセ・ダビドさんが
中心となり、父親のテオドロさんとともに運営しています。

ママ・カタ農園では30年前よりゲイシャ種の栽培を始めましたが、生産性と耐病性の高いカトゥーラ種や
ブルボン種など他の品種に植え替えが進み、ゲイシャ種の木を多く切ってしまいました。

しかし、その後この場所は区画毎にしっかりとした特徴のある、素晴らしいコーヒーを生み出すことができる
特別な土地であることに気付き、この数年はゲイシャ種の保護と栽培に精力的に取り組んでいます。

ぜひこの機会にガリード親子のゲイシャ種のコーヒーをお楽しみください。




+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
国:パナマ共和国
地域:チリキ県 ボケーテ地区 アルト・キエル
生産者:テオドロ・ガリード、ホセ・ダビド・ガリード
農園:ママ・カタ
農園面積:50ha
コーヒー栽培面積:48ha
標高:1,300~1,475m
品種:ゲイシャ
生産処理:ハイドロハニー
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
販売歴:
2019年5月15日〜





・グアテマラ共和国
ウエウエテナンゴ
チキムーラ
アカテナンゴ
アマティトラン
フライハーネス
etc
ハラパ県
エル・プログレソ県
サカテペカス県 アンティグア

・コスタリカ共和国
タラス
ウエストバリー
セントラルバリー

・パナマ共和国
チリキ県 ボケテ地区

・コロンビア共和国
ウィラ県
etc
ナリーニョ県
カウカ県

・ホンジュラス共和国
オコテペケ
インディブカ県 サンファン地区 カングアル村
ラ・パス県
etc
インティブカ県 サンファン

・エルサルバドル共和国
サンタ・アナ県
etc

・エクアドル共和国
エクアドル・ミネルヴァ

・ブラジル連邦共和国
カルモ・デ・ミナス
サント・アントニオ・デ・アンパーロ
etc
クリスチーナ

・ボリビア多民族国
ラパス 北ユンガス カラナビ
ラパス 南ユンガス
etc

・ケニア共和国
中央州 ティカ地区
中央州 ニエリ地区
中央州
東部州 エンブ地区
東部州
中央州 キリニャガ地区

・エチオピア連邦民主共和国
シダモ
イルガチェフェ
NINETY PLUS
etc

・ニカラグア共和国
ヌエヴァ・セゴヴィア県

・ドミニカ共和国
ラベガ州 ハラバコア・アロヨボニート

・ルワンダ共和国

記事はありません。


・ブルンディ共和国
カヤンザ

・インドネシア共和国
アチェ
北スマトラ

・インド共和国
インド・コンダドカン
インド・カラディカン (中煎、中深煎)
アッティカン・エステイト/ナチュラル

・ペルー共和国
ペルー・エル・セドロ
ペルー・ラ・パルマ
セロ・ネグロ
ラ・フロール

・Cup Of Excellence
ペルー
ブラジル
ブラジル レイトハーベスト(ナチュラル)
ブラジル アーリーハーベスト(パルプトナチュラル)
ブルンディ
コロンビア ノース
コロンビア サウス
コスタリカ
エルサルバドル
グアテマラ
ホンジュラス
メキシコ
ニカラグア
ルワンダ
エチオピア

・ゲイシャ
パナマ
コスタリカ
ホンジュラス
ボリビア
グアテマラ