ニカラグア・エル・エスフェルソ【2017COE 1位 】

ニカラグア・エル・エスフェルソ【2017COE 1位 】

 

2017年ニカラグア・カップ・オブ・エクセレンス優勝ロットをご紹介いたします。

イグナシオさんによって営まれているエル・エスフエルソ農園は、ニカラグア北部、
ホンジュラスとの国境に近いヒノテガ県のヒノテガにあります。

イグナシオさんは、20年前に0.3ha程の広さから農業に従事し、コーヒーの栽培を
始めました。それ以来、“エル・エスフエルソ(スペイン語で「努力」の意)”という
農園名の通り、農地を増やすために努力をし続け、現在は3.5haまで農園を広げました。
このことをイグナシオさんは誇りに思っていらっしゃいます。

イグナシオさんは今までご自身のコーヒーをヒノテガ地区のローカルマーケットに
売っており、今回の品評会がイグナシオさんにとっては初めての
カップ・オブ・エクセレンスへのエントリーでした。

優勝後のインタビューにおいて、
「今年まで、自分のコーヒーがこんなに高品質な
ものだとは知らなかった。優勝できたことをとても誇りに思っている。
今まで20年間、自分のコーヒーがどこに行っているのかなんてわからなかった。

しかし、この品評会では自分が生産したコーヒーの品質を示すことが出来、また誰が
買い付けたのかもわかる。生産処理設備は古く、効率的ではなくなってきているため、
オークションで得たプレミアムを利用して農園とともに生産処理場の整備をし、
高品質コーヒーの生産を継続できるようにしていきたい。」
と答えていらっしゃいます。

2017年最高のニカラグアコーヒーをこの機会にぜひお楽しみください。



+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
国:ニカラグア共和国
地域:ヒノテガ県 ヒノテガ
生産者:イグナシオ・エストラダ・ブルゴ
農園名:エル・エスフェルソ
標高:1,300〜1,400m
品種:マラカトゥーラ (他 マラゴジッペ、カトゥアイ、カトゥーラ)
農園面積:3.5ha
生産処理:水洗式
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

販売歴:
2017年11月1日〜





・グアテマラ共和国
ウエウエテナンゴ
チキムーラ
アマティトラン
etc
ハラパ県
エル・プログレソ県
サカテペカス県 アンティグア

・コスタリカ共和国
タラス
ウエストバリー
セントラルバリー

・パナマ共和国
チリキ県 ボケテ地区

・コロンビア共和国
ウィラ県
etc
ナリーニョ県
カウカ県

・ホンジュラス共和国
オコテペケ
インディブカ県 サンファン地区 カングアル村
ラ・パス県
etc
インティブカ県 サンファン

・エルサルバドル共和国
サンタ・アナ県
etc

・エクアドル共和国
エクアドル・ミネルヴァ

・ブラジル連邦共和国
カルモ・デ・ミナス
サント・アントニオ・デ・アンパーロ
etc
クリスチーナ

・ボリビア多民族国
ラパス 北ユンガス カラナビ
ラパス 南ユンガス
etc

・ケニア共和国
中央州 ティカ地区
中央州 ニエリ地区
中央州
東部州 エンブ地区
東部州
中央州 キリニャガ地区

・エチオピア連邦民主共和国
シダモ
イルガチェフェ
NINETY PLUS
etc

・ニカラグア共和国
ヌエヴァ・セゴヴィア県

・ドミニカ共和国
ラベガ州 ハラバコア・アロヨボニート

・ルワンダ共和国

記事はありません。


・ブルンディ共和国
カヤンザ

・インドネシア共和国
アチェ
北スマトラ

・インド共和国
インド・コンダドカン
インド・カラディカン (中煎、中深煎)
アッティカン・エステイト/ナチュラル

・ペルー共和国
ペルー・エル・セドロ
ペルー・ラ・パルマ
セロ・ネグロ
ラ・フロール

・Cup Of Excellence
ペルー
ブラジル
ブラジル レイトハーベスト(ナチュラル)
ブラジル アーリーハーベスト(パルプトナチュラル)
ブルンディ
コロンビア ノース
コロンビア サウス
コスタリカ
エルサルバドル
グアテマラ
ホンジュラス
メキシコ
ニカラグア
ルワンダ

・ゲイシャ
パナマ
コスタリカ
ホンジュラス
ボリビア
グアテマラ