セルトン/ナチュラル【2018COE32位】

セルトン/ナチュラル【2018COE32位】

 

セルトン農園があるブラジルの優良産地カルモ・デ・ミナスにおけるコーヒー栽培は100年を超えました。
最初にコーヒー栽培が行われたのがこのセルトン農園でした。

現在は、親族の方で営むセルトングループとして、カルモ・デ・ミナス村に系列の農園がいくつかあります。
彼らはカルモ・デ・ミナス地区のコーヒーの継続的な品質の向上、高品質コーヒーを生産の追求のために
さまざまな取り組みをしています。

高品質コーヒー栽培においての赤いチェリーの品種と黄色いチェリーの品種と標高の関係性や、農園での
日照条件と高品質コーヒーの栽培の関係性など大学とも提携しさまざまな研究を行っています。

栽培から新しい生産処理の挑戦、生豆の保管方法にいたるまで追求の手を止めることはありません。

セルトン農園のあるマンチケイラ山岳地帯はミネラルウォーターの水源としても知られており、肥沃な
土壌に恵まれています。オーナーの高品質コーヒー栽培にかける情熱と、気候や土壌など理想的なコーヒーの
栽培環境が高品質コーヒーを安定的に作り出しています。

2018年ブラジル・ナチュラル・カップ・オブ・エクセレンス32位、セルトンコーヒーをお愉しみください。



+−+−+−+−+−+−+−+−+−+−+−+−+−+−+−+−+−+−+−+−+−+−+−+−
国名:ブラジル連邦共和国
地域:ミナス・ジェライス州カルモ・デ・ミナス
農園名:セルトン
オーナー:ナザレー・ジアス・ペレイラ
標高:1,200m
農園面積:約240ヘクタール
品種:イエローブルボン
生産処理:ナチュラル
収穫時期:5月~9月
+−+−+−+−+−+−+−+−+−+−+−+−+−+−+−+−+−+−+−+−+−+−+−+−
販売歴:
2019年10月1日〜

 





・グアテマラ共和国
ウエウエテナンゴ
チキムーラ
アマティトラン
etc
ハラパ県
エル・プログレソ県
サカテペカス県 アンティグア

・コスタリカ共和国
タラス
ウエストバリー
セントラルバリー

・パナマ共和国
チリキ県 ボケテ地区

・コロンビア共和国
ウィラ県
etc
ナリーニョ県
カウカ県

・ホンジュラス共和国
オコテペケ
インディブカ県 サンファン地区 カングアル村
ラ・パス県
etc
インティブカ県 サンファン

・エルサルバドル共和国
サンタ・アナ県
etc

・エクアドル共和国
エクアドル・ミネルヴァ

・ブラジル連邦共和国
カルモ・デ・ミナス
サント・アントニオ・デ・アンパーロ
etc
クリスチーナ

・ボリビア多民族国
ラパス 北ユンガス カラナビ
ラパス 南ユンガス
etc

・ケニア共和国
中央州 ティカ地区
中央州 ニエリ地区
中央州
東部州 エンブ地区
東部州
中央州 キリニャガ地区

・エチオピア連邦民主共和国
シダモ
イルガチェフェ
NINETY PLUS
etc

・ニカラグア共和国
ヌエヴァ・セゴヴィア県

・ドミニカ共和国
ラベガ州 ハラバコア・アロヨボニート

・ルワンダ共和国

記事はありません。


・ブルンディ共和国
カヤンザ

・インドネシア共和国
アチェ
北スマトラ

・インド共和国
インド・コンダドカン
インド・カラディカン (中煎、中深煎)
アッティカン・エステイト/ナチュラル

・ペルー共和国
ペルー・エル・セドロ
ペルー・ラ・パルマ
セロ・ネグロ
ラ・フロール

・Cup Of Excellence
ペルー
ブラジル レイトハーベスト(ナチュラル)
ブラジル アーリーハーベスト(パルプトナチュラル)
ブルンディ
コロンビア ノース
コロンビア サウス
コスタリカ
エルサルバドル
グアテマラ
ホンジュラス
メキシコ
ニカラグア
ルワンダ

・ゲイシャ
パナマ
コスタリカ
ホンジュラス
ボリビア
グアテマラ