アッティカン・エステイト/ナチュラル

アッティカン・エステイト/ナチュラル


インド南西部にあるカルナータカ州チャーマラージャナガルにある、スリラムさんのコーヒーをご紹介いたします。
(インドコーヒーの80%がカルナータカ州産)

1993年まで生産者がコーヒーチェリーまたはパーチメントで国に納品し、コーヒーは政府の専売品でしたが、
1997年からは完全自由化となりました。

アパドゥライご夫妻が中心となり、営まれているサンガメンシュワルコーヒー社は3つの農園を所有しており、
アッティカン・エステイトはその内のひとつです。

サンガメンシュワルコーヒー社が所有する農園の年間生産量は、約500トンです。その内アラビカ種が330トン、
ロブスタ種が170トンです。数年前まではアラビカ種の生産量は600トンでしたが、害虫の被害を受け、
生産量が減っています。虫被害に苦しんでいますが、同社では農園管理を行い、コーヒーの生産に取り組んでいます。

スリラム・アパドゥライさんのナチュラルプロセスのコーヒーをお愉しみください。

 






+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
国:インド共和国
地域:カルナータカ州 チャーマラージャナガル BR ヒルズ
生産者:スリラム・アパドゥライ
農園:アッティカン・エステイト
標高:1,560m
農園面積:138ha
コーヒー栽培面積:120ha
品種:オールドSLN
生産処理:ナチュラル
パティオ(レンガ)と乾燥ベッド/水分活性メーター使用
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
2019年9月13日〜

 





【発寒本店 営業日のお知らせ】
2019年10月22日(火)は定休日です。

・グアテマラ共和国
ウエウエテナンゴ
チキムーラ
アマティトラン
etc
ハラパ県
エル・プログレソ県
サカテペカス県 アンティグア

・コスタリカ共和国
タラス
ウエストバリー
セントラルバリー

・パナマ共和国
チリキ県 ボケテ地区

・コロンビア共和国
ウィラ県
etc
ナリーニョ県
カウカ県

・ホンジュラス共和国
オコテペケ
インディブカ県 サンファン地区 カングアル村
ラ・パス県
etc
インティブカ県 サンファン

・エルサルバドル共和国
サンタ・アナ県
etc

・エクアドル共和国
エクアドル・ミネルヴァ

・ブラジル連邦共和国
カルモ・デ・ミナス
サント・アントニオ・デ・アンパーロ
etc
クリスチーナ

・ボリビア多民族国
ラパス 北ユンガス カラナビ
ラパス 南ユンガス
etc

・ケニア共和国
中央州 ティカ地区
中央州 ニエリ地区
中央州
東部州 エンブ地区
東部州
中央州 キリニャガ地区

・エチオピア連邦民主共和国
シダモ
イルガチェフェ
NINETY PLUS
etc

・ニカラグア共和国

記事はありません。


・ドミニカ共和国
ラベガ州 ハラバコア・アロヨボニート

・ルワンダ共和国

記事はありません。


・ブルンディ共和国
カヤンザ

・インドネシア共和国
アチェ
北スマトラ

・インド共和国
インド・コンダドカン
インド・カラディカン (中煎、中深煎)
アッティカン・エステイト/ナチュラル

・ペルー共和国
ペルー・エル・セドロ
ペルー・ラ・パルマ
セロ・ネグロ
ラ・フロール

・Cup Of Excellence
ペルー
ブラジル レイトハーベスト(ナチュラル)
ブラジル アーリーハーベスト(パルプトナチュラル)
ブルンディ
コロンビア サウス
コスタリカ
エルサルバドル
グアテマラ
ホンジュラス
メキシコ
ニカラグア
ルワンダ

・ゲイシャ
パナマ
コスタリカ
ホンジュラス
ボリビア
グアテマラ