インド・コンダドカン

インド・コンダドカン

 

初めてのご紹介となるインド産のコーヒーです。
インド南西部にあるカルナータカ州チックマガルールにある、コンダドカン農園のコーヒーです。
インドコーヒーの80%がカルナータカ州産です。

インドでは1993年まで生産者がチェリーまたはパーチメントで納品し、コーヒーは政府の
専売品で、1997年に完全自由化となりました。

サンガメンシュワルコーヒー社は3つの農園を所有しており、コンダドカン農園はその内の
ひとつです。アパドゥライご夫妻が中心となり、営まれています。
コンダド(Kondad)とは、崖、斜面、谷を意味し、農園には灌漑システムが導入されています。

ステムボーラーが深刻な虫害で、生産量が35%減になることもあります。ステムボーラー
は300mも飛ぶ虫で、被害にあった木は、切ってすぐに焼かないと農園に広がってしまいます。
アラビカ種のみが、ステムボーラーの被害にあってしまいます。

サンガメンシュワルコーヒー社が所有する農園の年間生産量は、500トンです。
その内アラビカ種が330トン、ロブスタ種が170トンです。数年前まではアラビカ種の生産量は
600トンでしたが、ステムボーラーの被害を受け生産量が減っています。ステムボーラーの被害
に苦しんでいますが、同社では農園管理を行い、コーヒーの生産に取り組んでいます。







+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

国:インド
地域:カルナータカ州 チックマガルール県 ババブーダンギリ スグダヴァニ村
生産者: サンガメンシュワルコーヒー社
農園:コンダドカン
標高:1,372m
農園面積:約142ha
コーヒー栽培面積:約137ha
品種:S 795
生産処理:水洗式 / 天日乾燥
収穫時期:12月~3月

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

2018年1月1日〜3月31日





・グアテマラ共和国
ウエウエテナンゴ
チキムーラ
アマティトラン
etc
ハラパ県
エル・プログレソ県
サカテペカス県 アンティグア

・コスタリカ共和国
タラス
ウエストバリー
セントラルバリー

・パナマ共和国
チリキ県 ボケテ地区

・コロンビア共和国
ウィラ県
etc
ナリーニョ県
カウカ県

・ホンジュラス共和国
オコテペケ
インディブカ県 サンファン地区 カングアル村
ラ・パス県
etc
インティブカ県 サンファン

・エルサルバドル共和国
サンタ・アナ県

・エクアドル共和国
エクアドル・ミネルヴァ

・ブラジル連邦共和国
カルモ・デ・ミナス
サント・アントニオ・デ・アンパーロ
etc
クリスチーナ

・ボリビア多民族国
ラパス 北ユンガス カラナビ
ラパス 南ユンガス
etc

・ケニア共和国
中央州 ティカ地区
中央州 ニエリ地区
中央州
東部州 エンブ地区
東部州
中央州 キリニャガ地区

・エチオピア連邦民主共和国
シダモ
イルガチェフェ
NINETY PLUS
etc

・ニカラグア共和国

記事はありません。


・ドミニカ共和国
ラベガ州 ハラバコア・アロヨボニート

・ルワンダ共和国

記事はありません。


・ブルンディ共和国
カヤンザ

・インドネシア共和国
アチェ
北スマトラ

・インド共和国
インド・コンダドカン
インド・カラディカン (中煎、中深煎)

・ペルー共和国
ペルー・エル・セドロ
ペルー・ラ・パルマ

・Cup Of Excellence
ペルー
ブラジル レイトハーベスト(ナチュラル)
ブラジル アーリーハーベスト(パルプトナチュラル)
ブルンディ
コロンビア サウス
コスタリカ
エルサルバドル
グアテマラ
ホンジュラス
メキシコ
ニカラグア
ルワンダ

・ゲイシャ
パナマ
コスタリカ
ホンジュラス
ボリビア