ウェイダガ

ウェイダガ


ウェイダガ・ウォッシングステーションは1970年代に設立されたコーヒーの生産処理場です。
現在、同ウォッシングステーションはニュー・ウェイダガ農協に所属し、1人のマネージャと
2人の常勤スタッフ、そして大勢の非常勤スタッフによって運営されています。

ウェイダガ・ウォッシングステーションは、コーヒー・マネージメント・サービス(CMS)社の
援助を受けており、コーヒーの生産量を増加させることを長期目標としています。

この目標に向かって、生産者に対するトレーニング、セミナー、情報やアドバイスへの提供など、
様々な活動が実施されています。また、経済的な支援の一環として、事前資金の提供も行われて
おり、生産者たちはこれを子ども達の学費や各自の農園への投資に充てることができます。

収穫されたコーヒーチェリーは、すぐにウェイダガ・ファクトリーに持ち込まれます。
水洗式で処理されたコーヒーは乾燥用のベッドに広げられ、7日~15日ほどかけて乾かされます。



+ー+ー+ー+ー+ー+ー+ー+ー+ー+ー+ー+ー+ー+ー+ー
国:ケニア共和国
地域:ムランガ県 カフロ ウェイダガ
生産者:複数の小規模生産者
標高:1,600~1,750 m
生産処理場:ウェイダガ・ファクトリー
品種:SL 34、SL 28、ルイル 11
生産処理:ウォッシュト / アフリカンベッドで乾燥
収穫時期:3月~4月、9月~10月
+ー+ー+ー+ー+ー+ー+ー+ー+ー+ー+ー+ー+ー+ー+ー
販売歴:
2021年2月15日〜





・グアテマラ共和国
ウエウエテナンゴ
チキムーラ
アカテナンゴ
アマティトラン
フライハーネス
etc
ハラパ県
エル・プログレソ県
サカテペカス県 アンティグア

・コスタリカ共和国
タラス
ウエストバリー
セントラルバリー

・パナマ共和国
チリキ県 ボケテ地区

・コロンビア共和国
ウィラ県
etc
ナリーニョ県
カウカ県

・ホンジュラス共和国
オコテペケ
インディブカ県 サンファン地区 カングアル村
ラ・パス県
etc
インティブカ県 サンファン

・エルサルバドル共和国
サンタ・アナ県
etc

・エクアドル共和国
エクアドル・ミネルヴァ

・ブラジル連邦共和国
カルモ・デ・ミナス
サント・アントニオ・デ・アンパーロ
etc
クリスチーナ

・ボリビア多民族国
ラパス 北ユンガス カラナビ
ラパス 南ユンガス
etc

・ケニア共和国
中央州 ティカ地区
中央州 ニエリ地区
中央州
東部州 エンブ地区
東部州
中央州 キリニャガ地区

・エチオピア連邦民主共和国
シダモ
イルガチェフェ
NINETY PLUS
etc

・ニカラグア共和国
ヌエヴァ・セゴヴィア県

・ドミニカ共和国
ラベガ州

・ルワンダ共和国

記事はありません。


・ブルンディ共和国
カヤンザ

・インドネシア共和国
アチェ
北スマトラ

・インド共和国
インド・コンダドカン
インド・カラディカン (中煎、中深煎)
アッティカン・エステイト/ナチュラル

・ペルー共和国
ペルー・エル・セドロ
ペルー・ラ・パルマ
セロ・ネグロ
ラ・フロール

・Cup Of Excellence
ペルー
ブラジル
ブラジル レイトハーベスト(ナチュラル)
ブラジル アーリーハーベスト(パルプトナチュラル)
ブルンディ
コロンビア ノース
コロンビア サウス
コスタリカ
エルサルバドル
グアテマラ
ホンジュラス
メキシコ
ニカラグア
ルワンダ
エチオピア

・ゲイシャ
パナマ
コスタリカ
ホンジュラス
ボリビア
グアテマラ