インドネシア・スマトラ・アチェ・テンガ

インドネシア・スマトラ・アチェ・テンガ


こちらのロットは、スマトラ島北西部ラウトタワール湖(Lake LautTawar)周辺にある

アチェ・テンガ地区の小規模生産者のコーヒーが集められ作られています。

スマトラのコーヒー生産者の多くは大変小規模で、農園の平均所有面積は2ha程。
2ha以上の農園を所有している生産者は大変少数です。こちらの地域では、農薬や
化学薬品を使用しない伝統的な方法により、家族経営でコーヒー栽培を行っています。

スマトラで作られるコーヒーの多くは、こちらのロット同様、「セミウォッシュト」です。

生産者が農園で伝統的なパルパー(果肉除去機)を使用して果肉を除去後、半湿潤状態で
パーチメントを脱穀し生豆の状態で乾燥させ、取引されるユニークな方法が取られています。

このプロセスがスマトラの豆に独特の青緑色の外観を与えていると考えられています。



+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
国名:インドネシア共和国
地域:スマトラ島 アチェ州 テンガ
生産者:テンガ地域の複数の小規模生産者
標高:850~1,500m
品種:10種程の複数種
生産処理:セミウォッシュト
収穫時期:10月~12月
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
販売歴:
2017年8月1日〜





・グアテマラ共和国
ウエウエテナンゴ
チキムーラ
アカテナンゴ
アマティトラン
フライハーネス
etc
ハラパ県
エル・プログレソ県
サカテペカス県 アンティグア

・コスタリカ共和国
タラス
ウエストバリー
セントラルバリー

・パナマ共和国
チリキ県 ボケテ地区

・コロンビア共和国
ウィラ県
etc
ナリーニョ県
カウカ県

・ホンジュラス共和国
オコテペケ
インディブカ県 サンファン地区 カングアル村
ラ・パス県
etc
インティブカ県 サンファン

・エルサルバドル共和国
サンタ・アナ県
etc

・エクアドル共和国
エクアドル・ミネルヴァ

・ブラジル連邦共和国
カルモ・デ・ミナス
サント・アントニオ・デ・アンパーロ
etc
クリスチーナ

・ボリビア多民族国
ラパス 北ユンガス カラナビ
ラパス 南ユンガス
etc

・ケニア共和国
中央州 ティカ地区
中央州 ニエリ地区
中央州
東部州 エンブ地区
東部州
中央州 キリニャガ地区

・エチオピア連邦民主共和国
シダモ
イルガチェフェ
NINETY PLUS
etc

・ニカラグア共和国
ヌエヴァ・セゴヴィア県

・ドミニカ共和国
ラベガ州

・ルワンダ共和国

記事はありません。


・ブルンディ共和国
カヤンザ

・インドネシア共和国
アチェ
北スマトラ

・インド共和国
インド・コンダドカン
インド・カラディカン (中煎、中深煎)
アッティカン・エステイト/ナチュラル

・ペルー共和国
ペルー・エル・セドロ
ペルー・ラ・パルマ
セロ・ネグロ
ラ・フロール
サン・エヴァリスト
ラ・ウニオン
ラ・ロマ

・Cup Of Excellence
ペルー
ブラジル
ブラジル レイトハーベスト(ナチュラル)
ブラジル アーリーハーベスト(パルプトナチュラル)
ブルンディ
コロンビア ノース
コロンビア サウス
コスタリカ
エルサルバドル
グアテマラ
ホンジュラス
メキシコ
ニカラグア
ルワンダ
エチオピア

・ゲイシャ
パナマ
コスタリカ
ホンジュラス
ボリビア
グアテマラ
コロンビア
ブラジル