グアテマラ・ラ・ベイヤ・パカマラ

グアテマラ・ラ・ベイヤ・パカマラ


ラ・ベイヤ農園は、グアテマラシティの北東、ラス・ミナス山脈の標高1,450~1,630mに位置しています。

テオドロ一家により54年間営まれおり、テオさん(テオドロさんの愛称)のお祖父様がこの地で農園を始め、
現在の農園主であるテオさんまで、三世代に渡り受け継がれています。

「ラ・ベイヤ」(「ベイヤ」とはスペイン語で「美しい」の意)の名の通り、お祖父様がこの場所に農園を作ろうと決めた
理由のひとつがこの場所が大変美しく、また周辺環境も魅力的であり、神の恩恵を受けた場所だと感じたからだそうです。

当時、この地域ではコーヒー栽培が行われておらず、この地域にできた最初のコーヒー農園でした。

テオさんは大変研究熱心で、農園は細かい区画に分けられ、管理されています。区画ごとに土地と品種のマッチング、
新たな品種への取り組み、この土地にあった生産処理方法の改良など、日々品質の向上に努めています。

今回ご紹介するロットは、標高1,500〜1,550mで栽培されたパカマラ種です。
2014年カップ・オブ・エクセレンスでは4位、2016年は5位に入賞しており、共にこのパカマラ種です。

同農園のコーヒーは2011年よりお付き合いがはじまり、皆様にご紹介しておりますが、年々品種の種類が増えております。

今後、更なる品種違いのロットもご紹介予定です。お楽しみに。



+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

国名:グアテマラ共和国
地域:エル・プログレソ県,シエラ・デ・ラス・ミナス,サン・アグスティン・アカサグアストラン

農園主:テオドロ・エンヘルハート4世
農園:ラ・ベイヤ
標高:1,450〜1,630m(パカマラ種栽培標高:1,500~1,550m)
農園面積:110ヘクタール (内パカマラ栽培面積:15ヘクタール)
品種:パカマラ
生産処理:水洗式 フーリーウォッシュト / パティオでの乾燥後、 機械乾燥

収穫時期:1月~5月

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

販売歴:
2016年7月1日〜
2017年12月8日〜





・グアテマラ共和国
ウエウエテナンゴ
チキムーラ
アカテナンゴ
アマティトラン
etc
ハラパ県
エル・プログレソ県
サカテペカス県 アンティグア

・コスタリカ共和国
タラス
ウエストバリー
セントラルバリー

・パナマ共和国
チリキ県 ボケテ地区

・コロンビア共和国
ウィラ県
etc
ナリーニョ県
カウカ県

・ホンジュラス共和国
オコテペケ
インディブカ県 サンファン地区 カングアル村
ラ・パス県
etc
インティブカ県 サンファン

・エルサルバドル共和国
サンタ・アナ県
etc

・エクアドル共和国
エクアドル・ミネルヴァ

・ブラジル連邦共和国
カルモ・デ・ミナス
サント・アントニオ・デ・アンパーロ
etc
クリスチーナ

・ボリビア多民族国
ラパス 北ユンガス カラナビ
ラパス 南ユンガス
etc

・ケニア共和国
中央州 ティカ地区
中央州 ニエリ地区
中央州
東部州 エンブ地区
東部州
中央州 キリニャガ地区

・エチオピア連邦民主共和国
シダモ
イルガチェフェ
NINETY PLUS
etc

・ニカラグア共和国
ヌエヴァ・セゴヴィア県

・ドミニカ共和国
ラベガ州 ハラバコア・アロヨボニート

・ルワンダ共和国

記事はありません。


・ブルンディ共和国
カヤンザ

・インドネシア共和国
アチェ
北スマトラ

・インド共和国
インド・コンダドカン
インド・カラディカン (中煎、中深煎)
アッティカン・エステイト/ナチュラル

・ペルー共和国
ペルー・エル・セドロ
ペルー・ラ・パルマ
セロ・ネグロ
ラ・フロール

・Cup Of Excellence
ペルー
ブラジル
ブラジル レイトハーベスト(ナチュラル)
ブラジル アーリーハーベスト(パルプトナチュラル)
ブルンディ
コロンビア ノース
コロンビア サウス
コスタリカ
エルサルバドル
グアテマラ
ホンジュラス
メキシコ
ニカラグア
ルワンダ
エチオピア

・ゲイシャ
パナマ
コスタリカ
ホンジュラス
ボリビア
グアテマラ