パナマ・エリダ/ウォッシュト

パナマ・エリダ/ウォッシュト

パナマには「ボケテ」「ボルカン」「カンデラ」の三つの主要なコーヒー生産地域が存在します。
この「エリダ農園」を含め、私たちが長くお付き合いのある農園の多くは「ボケテ地区」にあります。

エリダ農園は、中米で最も高い火山のひとつバル火山の裾野に位置しており、国内では最高の
標高1,670~1,980m地域にあります。1918年よりラマストゥス一家によって営まれています。

パナマの国定公園内において敷地全体で64ha、このうち30haでコーヒーが栽培されています。
国定公園の保護林に囲まれているため、他の木を切り倒してのコーヒー栽培は出来ませんが、
伐採をしないなど自然を守りながらのコーヒーの栽培は認められています。

そんな自然と共に育まれたエリダ農園の素晴らしいコーヒーをぜひご賞味ください。

そして、パナマは他の中米諸国とは大きく異なる点があります。
それはコーヒーの生産国にして消費国ということです。

年間10万俵のコーヒーが生産されますが、その70%が国内消費に当てられており、
さらに地方消費のために不足分のコーヒーを輸入している国でもあります。
また、生産国でありながら主要産業はコーヒーではなく、金融、物流、パナマ運河がメインです。



                  +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

生産者:ラマストゥス一家
農園名:パナマ・エリダ
地域:チリキ県 ボケテ地区 アルト・キエル
品種:レッドカトゥアイ
生産処理:ウォッシュト(天日干し)
標高:1,7000〜1,825m
農園面積:65ha
コーヒー栽培面積:35ha
収穫時期:1月〜5月

                  +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

販売歴
2016年3月20日〜





・グアテマラ共和国
ウエウエテナンゴ
チキムーラ
アマティトラン
etc
ハラパ県
エル・プログレソ県
サカテペカス県 アンティグア

・コスタリカ共和国
タラス
ウエストバリー
セントラルバリー

・パナマ共和国
チリキ県 ボケテ地区

・コロンビア共和国
ウィラ県
etc
ナリーニョ県
カウカ県

・ホンジュラス共和国
オコテペケ
インディブカ県 サンファン地区 カングアル村
ラ・パス県
etc
インティブカ県 サンファン

・エルサルバドル共和国
サンタ・アナ県
etc

・エクアドル共和国
エクアドル・ミネルヴァ

・ブラジル連邦共和国
カルモ・デ・ミナス
サント・アントニオ・デ・アンパーロ
etc
クリスチーナ

・ボリビア多民族国
ラパス 北ユンガス カラナビ
ラパス 南ユンガス
etc

・ケニア共和国
中央州 ティカ地区
中央州 ニエリ地区
中央州
東部州 エンブ地区
東部州
中央州 キリニャガ地区

・エチオピア連邦民主共和国
シダモ
イルガチェフェ
NINETY PLUS
etc

・ニカラグア共和国
ヌエヴァ・セゴヴィア県

・ドミニカ共和国
ラベガ州 ハラバコア・アロヨボニート

・ルワンダ共和国

記事はありません。


・ブルンディ共和国
カヤンザ

・インドネシア共和国
アチェ
北スマトラ

・インド共和国
インド・コンダドカン
インド・カラディカン (中煎、中深煎)
アッティカン・エステイト/ナチュラル

・ペルー共和国
ペルー・エル・セドロ
ペルー・ラ・パルマ
セロ・ネグロ
ラ・フロール

・Cup Of Excellence
ペルー
ブラジル
ブラジル レイトハーベスト(ナチュラル)
ブラジル アーリーハーベスト(パルプトナチュラル)
ブルンディ
コロンビア ノース
コロンビア サウス
コスタリカ
エルサルバドル
グアテマラ
ホンジュラス
メキシコ
ニカラグア
ルワンダ

・ゲイシャ
パナマ
コスタリカ
ホンジュラス
ボリビア
グアテマラ