ブラジル・シチオ・ダ・ポンテ/ナチュラル

ブラジル・シチオ・ダ・ポンテ/ナチュラル


同農園は、2015 COE January 6位に入賞しています。

光栄にも審査員として参加させていただいており、共に喜びあうことが出来ました。

ジャックスさんはコーヒービジネスに携わる一家の4世代目にあたります。
100年以上のコーヒー栽培の歴史がある中で、ジャックスさんのお父様を含め、彼らが栽培した
コーヒーは混ぜられ「ブラジルコーヒー」として販売されていました。

ジャックスさんは高校卒業後、進学し、ビジネスを学ぶためコーヒーの優良産地として皆様に
お馴染みのカルモ・デ・ミナスを一度離れましたが、コーヒービジネスに携わると決め、故郷に
戻ってきました。

カッピングをし、コーヒーについて学ぶにつれ、カルモ・デ・ミナスは自分たち
の世代が敬意を表する

ような新たな歴史を作ることができ、そして先人たちが行ってきたことに対して

敬意を表することができると気づき、2004年に従兄弟であるルイス・パウロさんとカルモ・コーヒーズ
を立ち上げました。

この会社の設立こそがジャックスさん、ルイス・パウロさん、おふたりの人生を変えただけでなく、
カルモ・デ・ミナスや周辺地域のコーヒー栽培におけるシナリオを変えたといっても過言ではありません。
そして、ブラジルや消費国のスペシャルティコーヒー業界に大きな影響を与え続けている会社のひとつです。

ジャックスさんは、25歳の時からお父様を手伝いながらシティオ・ダ・ポンテ農園でのコーヒー栽培に
従事していました。1999年に責任者となり、スペシャルティコーヒーに特化したコーヒーの生産を始めました。
同農園の年間生産量は、ブラジルの一般的な農園と比べると3,000俵と少ないのですが、強い情熱を持って
コーヒーの生産を行っています。農園のあるクリスチーナは、カルモ・デ・ミナスに隣接している村です。

歴史あるコーヒー栽培の伝統を受け継ぎながらも、ブラジルスペシャルティコーヒーの新たな扉を世界に
向けて開いたおひとりである、ジャックスさんのコーヒーをぜひお楽しみください。


ジャックスさんと奥様

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
国名:ブラジル連邦共和国
地域:ミナス・ジェライス州 クリスティーナ
農園名:シチオ・ダ・ポンテ
オーナー:ジャックス・ペレイラ・カルネイロ
標高:1,100〜1,350m
品種:イエローブルボン
生産処理:ナチュラル
収穫時期:5月〜9月
農園面積:200ha(内コーヒー栽培面積:110ha)
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
販売歴:
2017年1月1日〜





【発寒本店 営業日のお知らせ】
2019年10月22日(火)は定休日です。

・グアテマラ共和国
ウエウエテナンゴ
チキムーラ
アマティトラン
etc
ハラパ県
エル・プログレソ県
サカテペカス県 アンティグア

・コスタリカ共和国
タラス
ウエストバリー
セントラルバリー

・パナマ共和国
チリキ県 ボケテ地区

・コロンビア共和国
ウィラ県
etc
ナリーニョ県
カウカ県

・ホンジュラス共和国
オコテペケ
インディブカ県 サンファン地区 カングアル村
ラ・パス県
etc
インティブカ県 サンファン

・エルサルバドル共和国
サンタ・アナ県
etc

・エクアドル共和国
エクアドル・ミネルヴァ

・ブラジル連邦共和国
カルモ・デ・ミナス
サント・アントニオ・デ・アンパーロ
etc
クリスチーナ

・ボリビア多民族国
ラパス 北ユンガス カラナビ
ラパス 南ユンガス
etc

・ケニア共和国
中央州 ティカ地区
中央州 ニエリ地区
中央州
東部州 エンブ地区
東部州
中央州 キリニャガ地区

・エチオピア連邦民主共和国
シダモ
イルガチェフェ
NINETY PLUS
etc

・ニカラグア共和国

記事はありません。


・ドミニカ共和国
ラベガ州 ハラバコア・アロヨボニート

・ルワンダ共和国

記事はありません。


・ブルンディ共和国
カヤンザ

・インドネシア共和国
アチェ
北スマトラ

・インド共和国
インド・コンダドカン
インド・カラディカン (中煎、中深煎)
アッティカン・エステイト/ナチュラル

・ペルー共和国
ペルー・エル・セドロ
ペルー・ラ・パルマ
セロ・ネグロ
ラ・フロール

・Cup Of Excellence
ペルー
ブラジル レイトハーベスト(ナチュラル)
ブラジル アーリーハーベスト(パルプトナチュラル)
ブルンディ
コロンビア サウス
コスタリカ
エルサルバドル
グアテマラ
ホンジュラス
メキシコ
ニカラグア
ルワンダ

・ゲイシャ
パナマ
コスタリカ
ホンジュラス
ボリビア
グアテマラ