ケニア・カリンガ

ケニア・カリンガ


カリンガ生産処理場は、首都ナイロビから100kmほど離れたセントラル州、ンダルグ、ティカ地区にあり、

500人以上の生産者が所属し活動しています。

 

ここは紅茶栽培地域にあり、茶畑に囲まれているという、とてもユニークな環境にあり、

キマルリ、カリウング、ガチュハ、ムガルワの4つの村で栽培されたコーヒーが集められます。



ケニアでは1つの農園からの収穫量が少量なため、同じエリアの複数の農園から収穫された

コーヒーを生産処理場へ持ち寄る事が一般的です。

この生産処理場に加盟している生産者は、コーヒー研究所からコーヒーを調達し、

規定の指針にそって栽培を行うなどの、

コーヒー栽培に関する農学的な活動にも取り組んでいます。

 

また農林省や農園を巡回している実地委員によって、技術的な監督、指導が行われています。

環境保護の必要性に対する認識が高まるとともに、生産処理場では持続可能な農業を目指し、

いくつかのプロジェクトにも取り組み始めています。


 

-+-+-+-+-+-+-+--+-+-+-+-+-+-+--+-+-+-+-+-+-+--+-+-+-+-+-+-+--+-+-+-+-+-+-+-

州:セントラル州/Central
地区:ティカ地区/Thika
生産処理場:カリンガ/Karinga
生産処理場マネージャー:サムウェル・ムテティ
標高:1,840m
品種:SL28 、SL34、ルイル11
※SLとは、ナイロビにあった研究所[スコット・ラボラトリー]の略。ブルボン種のSL28,SL34がメイン。
生産処理方法:水洗式/Washed

-+-+-+-+-+-+-+--+-+-+-+-+-+-+--+-+-+-+-+-+-+--+-+-+-+-+-+-+--+-+-+-+-+-+-+-

販売履歴:
2015年11月20日〜2016年3月21日
2018年9月1日〜

 





・グアテマラ共和国
ウエウエテナンゴ
チキムーラ
アカテナンゴ
アマティトラン
etc
ハラパ県
エル・プログレソ県
サカテペカス県 アンティグア

・コスタリカ共和国
タラス
ウエストバリー
セントラルバリー

・パナマ共和国
チリキ県 ボケテ地区

・コロンビア共和国
ウィラ県
etc
ナリーニョ県
カウカ県

・ホンジュラス共和国
オコテペケ
インディブカ県 サンファン地区 カングアル村
ラ・パス県
etc
インティブカ県 サンファン

・エルサルバドル共和国
サンタ・アナ県
etc

・エクアドル共和国
エクアドル・ミネルヴァ

・ブラジル連邦共和国
カルモ・デ・ミナス
サント・アントニオ・デ・アンパーロ
etc
クリスチーナ

・ボリビア多民族国
ラパス 北ユンガス カラナビ
ラパス 南ユンガス
etc

・ケニア共和国
中央州 ティカ地区
中央州 ニエリ地区
中央州
東部州 エンブ地区
東部州
中央州 キリニャガ地区

・エチオピア連邦民主共和国
シダモ
イルガチェフェ
NINETY PLUS
etc

・ニカラグア共和国
ヌエヴァ・セゴヴィア県

・ドミニカ共和国
ラベガ州 ハラバコア・アロヨボニート

・ルワンダ共和国

記事はありません。


・ブルンディ共和国
カヤンザ

・インドネシア共和国
アチェ
北スマトラ

・インド共和国
インド・コンダドカン
インド・カラディカン (中煎、中深煎)
アッティカン・エステイト/ナチュラル

・ペルー共和国
ペルー・エル・セドロ
ペルー・ラ・パルマ
セロ・ネグロ
ラ・フロール

・Cup Of Excellence
ペルー
ブラジル
ブラジル レイトハーベスト(ナチュラル)
ブラジル アーリーハーベスト(パルプトナチュラル)
ブルンディ
コロンビア ノース
コロンビア サウス
コスタリカ
エルサルバドル
グアテマラ
ホンジュラス
メキシコ
ニカラグア
ルワンダ
エチオピア

・ゲイシャ
パナマ
コスタリカ
ホンジュラス
ボリビア
グアテマラ